動画と教本どちらが良いのか?!


僕は最近、swiftの勉強をしています。なぜなら、所属している会社で女性の生理管理アプリのエンジニアをしており、それがiOS版とAndroid版が存在しているからです。
ずっと、アップル製品が好きだったのでまずはiOSの開発がしたいということでswiftの勉強を始めました。

皆さん、業務以外で自主勉強するときにそれぞれ自分に合った勉強方法を持っているとは思います。
大きく分けると教本、動画、ネットの記事があるとは思います。

今回はどれがオススメなのかを僕の経験で述べさせていただきたいと思います。

僕はどれも活用するのですが、もし入門から入る場合は教本か動画をオススメします。
というのは、ネットの記事では内容が薄く体系的に勉強できないからです。
ネットを活用する場合は、困っている箇所があり、どうしても解決できずに他の人が類似の問題の解決方法を記事にしていないかをチェックするのに活用します。

なので、自主勉強をするとなると動画か教本になります。
教本は、現場でネットに繋がれていない状況に有利で、1冊完了させることで相当な実力と自信が付きます。
デメリットは、時間がかかってしまう点と作者の文章力次第という点です。

動画は、教本に比べると圧倒的に進捗が早いです。また、情報量が多くわかりやすいです。
デメリットは、現場でネットに繋がれていない状況では使えないこと、調べ物をするときに動画を遡るのに時間がかかってしまう点です。

最近、プログラミングの勉強動画は需要が高いせいかクオリティーが高いように感じます。
プログラミングの勉強動画のオススメランキングなどは多くのサイトで取り上げられているためここでは割愛します。

僕の思う上記に挙げた、それぞれの勉強方法のメリット、デメリットをまとめます。

教本

メリット

  • 知りたいページを索引や目次などからすぐに検索できる
  • 業務中でも本さえあれば、調べられる
  • 1冊終わらせることで相当な実力がつく

デメリット

  • 1冊終わらせるのに時間がかかる
  • サンプルコード通り、実行したにも関わらず想定通りに動かなかった場合、解消するのに時間がかかる
  • 文字だけの説明なので、作者も文章力によってはわかりにくい箇所が発生する

動画

メリット

  • 画像と音声なので、進捗は格段に早い
  • 動画で確認できるので、わかりやすい

デメリット

  • 前に見たセクションに戻るのに時間がかかる
  • 業務中に確認できない
  • ものによっては受講料が高額になるものがある

ネット

メリット

  • 無料で閲覧できる
  • Google検索だと、キーワードを入力するだけで目的のページを見つけて来てくれるので早い
  • 解決方法が豊富

デメリット

  • 内容が薄い
  • 記事になっているのは、自分が困った時の解決方法が多く、一からコードの書き方を教えてくれるサイトが少ない

結論

結論は、本がベストだと思います。

どんな教本でも1冊丸々やると相当な実力が付きます。
それに、本はきちんと作者がいて監修した上で出版されるため内容は保証されています。
また業務中、ネットに繋がれていない環境でも本ならば検索することができます。
動画の場合、業務中に確認するのは難しいと思います(笑)

これはあくまで、個人的な意見なのでこれ以外にも自分に合った方法があると思います。
なので、勉強教材を選ぶ上で参考にしていただければと思います。

もし、皆さんの中でこれはどうかといったものがあれば、問い合わせからコメントください。

オススメの記事

React キーと値を取り出し方 Swift guard - else 文
Ruby Rubyパッケージマネージャのrbenvを導入しよう Ruby 便利なnilガード
BLOG コード鉄道の夜がGoogleにインデックスされた件 React 引数の渡し方
Rails CSVファイルのデータを読み込んで処理をする Rails Fat Model, Skinny Controllerという考え方
次の記事 >> コード鉄道の夜がGoogleにインデックスされた件
BLOGの記事一覧へ戻る