引数の渡し方


通常の引数の渡し方

const test = i => {
  alert(i)
}
onClick={this.testFunction.bind(this, "test")}

bindで引数を渡しています。

eventを同時に渡す方法

const test = (i, e) => {
  alert(i)
  alert(e.target.value)
}

eventを引数の最後に設定します。

onClick={this.testFunction.bind(this, "test")}

オススメの記事

Ruby Rubyパッケージマネージャのrbenvを導入しよう Ruby Ruby on Railsを導入しよう
Ruby 繰り返し構文 React 引数の渡し方
Rails CSVファイルのデータを読み込んで処理をする Rails 画面遷移時にURLにパラメータを付与しよう
Ruby Procとlambda式 Ruby 便利なnilガード
次の記事 >> キーと値を取り出し方
前の記事 >> importとexport
Reactの記事一覧へ戻る