importとexport


export先でファイル名を決めたい場合

exportするファイル

const test = (name) => {
  console.log(name)
}

export default test

importするファイル

import 付けたい関数名 from 'exportファイルのパス'

export元でファイル名を決めたい場合

exportするファイル

export const test = (name) => {
  console.log(name)
}

importするファイル

import { test } from 'exportファイルのパス'

オススメの記事

Rails 画面遷移時にURLにパラメータを付与しよう React キーと値を取り出し方
Ruby Rubyパッケージマネージャのrbenvを導入しよう Swift オプショナルチェーン
BLOG 動画と教本どちらが良いのか?! Ruby 便利なnilガード
Rails 固定出力文字列の設定 Rails CSVファイルのデータを読み込んで処理をする
次の記事 >> 引数の渡し方
前の記事 >> アロー関数の書き方
Reactの記事一覧へ戻る