importとexport


export先でファイル名を決めたい場合

exportするファイル

const test = (name) => {
  console.log(name)
}

export default test

importするファイル

import 付けたい関数名 from 'exportファイルのパス'

export元でファイル名を決めたい場合

exportするファイル

export const test = (name) => {
  console.log(name)
}

importするファイル

import { test } from 'exportファイルのパス'

オススメの記事

Swift オプショナルバリューがnilの時に代わる値の指定 Rails 固定出力文字列の設定
Swift guard - else 文 React importとexport
Ruby 繰り返し構文 Ruby Rubyパッケージマネージャのrbenvを導入しよう
Ruby Rubyを導入しよう Rails マイグレーションコマンド一覧
次の記事 >> 引数の渡し方
前の記事 >> アロー関数の書き方
Reactの記事一覧へ戻る