アロー関数の書き方


Javascriptでは関数を定義するときに以下のように記述します。

function test(name) {
  alert(name)
}

Reactでも、上記のように定義できますが、アロー関数で記述することもできます。

const test = name => {
  console.log(name)
}

クリックなどイベントハンドラで呼び出したいときは以下のように定義します。

<div onClick={test.bind(this, "渡したい値")}>
  ...
</div>

また、引数に複数定義することもできます。

const test = (name, age) => {
  console.log(name, age)
}

この場合、中括弧は必須となります。
呼び出すときは以下のように定義します。

<div onClick={test.bind(this, "渡したい値1", "渡したい値2")}>
  ...
</div>

オススメの記事

React アロー関数の書き方 Ruby 便利なnilガード
Rails NOT NULL句を綺麗に書こう Rails 固定出力文字列の設定
React 引数の渡し方 BLOG 動画と教本どちらが良いのか?!
Rails マイグレーションコマンド一覧 Ruby Rubyを導入しよう
次の記事 >> importとexport
Reactの記事一覧へ戻る