固定出力文字列の設定


JavaやPHPのフレームワークを使ったことのある方は体験したことがと思うのですが、
固定文字を出力する場合、どこか別ファイルに記述しておいて参照するときにそこから
参照するという方針を取っています。
Railsでも、そいった機能が備わっています。どうやって、設定するのか見ていきましょう。

controllerの処理の中で使いたい場合

config/initializers/constants.rb
module Constants
  Name = "ruby on rails"
end

constants.rbのName定数にruby on railsと記述する。

app/controllers/home_controller.rb
def index
  str = "ruby on rails"
  if str == Constants::Name
    puts "success"
  else
    puts "fail"
  end
end

home_controller.rbの処理の出力したい箇所に、Constants::Nameと記述する。

出力結果
success

viewに出力したい場合

app/views/home/index.html.erb
<%= Constants::Name %>
画面での出力
ruby on rails

ビューに表示したい場合は、<%= Contents::Name %>と記述すると表示することができます。

オススメの記事

React importとexport Rails 画面遷移時にURLにパラメータを付与しよう
Ruby 繰り返し構文 React アロー関数の書き方
Rails マイグレーションコマンド一覧 Rails DBから条件を指定せずに、ランダムにレコードを取得する
Ruby Procとlambda式 Rails 固定出力文字列の設定
次の記事 >> DBから条件を指定せずに、ランダムにレコードを取得する
Railsの記事一覧へ戻る