オプショナルチェーン


オプショナルチェーンとは、オブジェクトや配列などの値にドットシンタックスでアクセスするときに、対象に?をつけることで値がnilだった場合に実行時エラーを回避する方法です。

var ary: [String] = []
print(ary.first?.count)

このように書くことで、ary.firstがnilでもエラーにならずにnilを返します。
aryはnilであるため、上記の実行結果はnilです。

var ary: [String] = ["name", "age"]
print(ary.first?.count)

一番初めの文字はnameなので、上記の実行結果はOptional(4)です。

var ary: [String] = ["name", "age"]
if let mojisu = ary.first?.count {
  print(mojisu)
}

上記のように、nilでなければアンラップして処理を行うことができます。

オススメの記事

Ruby Procとlambda式 Rails 機密情報を環境変数に保持する
Ruby Ruby on Railsを導入しよう Swift オプショナルチェーン
Ruby 繰り返し構文 Rails CSVファイルのデータを読み込んで処理をする
React 引数の渡し方 Rails 固定出力文字列の設定
前の記事 >> オプショナルバリューがnilの時に代わる値の指定
Swiftの記事一覧へ戻る