guard - else 文


条件を満たさない時に実行したいのが、guard - else 文です。

guard 条件文 else {
  // 条件文を満たさない時に実行される
  return
}

例:

func hello(num: Int) {
  guard num >= 10 else {
    return
  }
  print(num)
}

引数numの値が10以上の時に、returnで関数が終了し、10より小さい時にnumが出力されます。

オススメの記事

Rails RailsでSQLのIN句 Ruby Rubyパッケージマネージャのrbenvを導入しよう
React アロー関数の書き方 Swift オプショナルバリューがnilの時に代わる値の指定
Rails Fat Model, Skinny Controllerという考え方 React 引数の渡し方
Rails CSVファイルのデータを読み込んで処理をする Ruby Procとlambda式
次の記事 >> オプショナルバリューがnilの時に代わる値の指定
Swiftの記事一覧へ戻る